×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バトルえんぴつ

小学校時代にバトルえんぴつ、通称バトえんというものが流行った。ころころ転がして、出た面に書いてある効果(相手にダメージ、防御、変身など)を与えあい、相手のHPを0にしたら勝ちって遊びができるやつ。僕の通っていた小学生でも、一時期バトえんが流行していた。

僕はあまり金が無かったから、自分のバトえんは10本くらいしか持ってなかったんだけど、みんなが持ってるバトえんをゴッチャにして遊ぶからあまり問題はなかった。16本とかでトーナメントとかして、最強決定戦みたいなことするの、すごく楽しかったんだよね。

で、しまいにはオリジナルバトえんなんてものも作っちゃう。各自、無地の色鉛筆とかに自分が好きなゲームとかマンガのキャラクターの名前や技を書いて競い合う。もちろんゲームバランスなんて全然考えてないから、●に300ダメージとか★に10000ダメージとか訳分からん強さにしちゃうのwww(そしてくだらない喧嘩が勃発する)

当然普通のバトえんじゃ歯が立たず、戦っても1〜2ターンですぐやられちゃうんだけど、そこは小学生レベルの知恵で、ひたすら超攻撃力のダメージを与える効果しか作ってないことが多いから、メダパニ(次の相手の攻撃のダメージを跳ね返す)を使うことで3億ダメージを跳ね返して一撃でぶっ倒してドヤァみたいなこともできちゃうんだよねwww

今オリジナルバトえんを作るとしたらもう少しちゃんと考えるんだろうなーっと思う。僕は大学で一応ゲームプログラミングを学んだので、バトえんのルールを活かした何かしらのデジタルゲームを作ってみたらちょっと楽しいかもしれない。

戻る